金とは

Auが元素記号になり、単体の金属としては非常に昔から知られていたものでもあります。貴金属の一種で、元素記号のAuは、そもそもラテン語のaurumに由来しています。
特徴としては金は非常に柔らかく、可塑性を持っています。色は重たい光沢を持つ金色で、展性も延性もどちらにも富んでいます。薄く延ばすことも可能な金属なのです。こがね、くがねと呼ばれる場合もあります。また、銅や銀といったものは反応性に富んでいる金属でもあります。しかし、金はこれとは逆に、標準酸化還元電位に基づいたイオン化傾向として、すべての金属で最小という性質があります。そのため、銅や銀に比べると反応性は低くなっているのです。
熱水鉱床として生成が行なわれるものです。そのまま発掘されたり、砂金や風化の結果として生まれた金塊が採集されるというケースがあります。金という金属は、貴金属として古くからその価値を認められてきたものです。これは、どの時代でもどの地域でも同じことです。化合物ではなく、金は単体での産出になるために、人間の装飾品として使われた金属の中では最古のものであるといえるでしょう。銀や銅と同じく、これは貨幣として使われることもあります。金貨として使われることによって、流通にも影響がありました。ISO金貨コードにおいてはXAUになります。それ以外の分野では、医術、エレクトロニクスなどで使われるというケースもあります。
Read more

9月 3, 2012 | 金とは はコメントを受け付けていません。  |

ウィーン金貨ハーモニー

ウィーン金貨ハーモニーとは、800年以上もの歴史を持っているオーストリア造幣局によって発行された金貨です。
現在、ヨーロッパにおいて発行されているものでは、唯一の純金の「地金型金貨」となっています。
Read more

6月 30, 2014 | ウィーン金貨ハーモニー はコメントを受け付けていません。  |

エンゲージリングに適したダイヤモンドの4Cとは

4Cの中でも、優先するものとして考えるものは、カット、カラット、カラー、クラリティー、という順序になります。予算についてももちろん影響を受けることになりますが、まず最も優先するべきなのはやはりカットであるといえるでしょう。カットはエクセレントを選び、カラーやクラリティーについては抑え目にしても、カラットについては大きめのものを選ぶようにしてください。
Read more

6月 24, 2014 | エンゲージリングに適したダイヤモンドの4Cとは はコメントを受け付けていません。  |

錐の先端のビット

材料の穴を開けて、石油井掘削といったボーリング材料としても使われ、岩石の切断などの目的で使われることもあります。ハイウェイの表面の削り落としのためにも利用されています。ダイヤモンドのドリルの利用については、最も身近なところでは歯医者でも用いられています。

11月 30, 2012 | 錐の先端のビット はコメントを受け付けていません。  |

研磨剤

ダイヤモンドについては、対磨耗性に優れているために、微粉末にした研磨剤としても役立てることができます。
これまでにも、ガラスの彫刻や他の宝石の研磨などの目的で使用されていました。
Read more

11月 26, 2012 | 研磨剤 はコメントを受け付けていません。  |

Next Page →